Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  RSS  Source  Login

TeX_mathml.rb

上付き・下付き

上付きや下付きを付けたい文字に続けて、上付きは'^'、下付きは'_'を書けば、その直後の文字が上付き・下付きになります。

複数の文字を付けたい場合は、{...}で囲みます。

\[A_{123}^456\]

\[A_{123}^456\]

この例では上付きの方で{...}を使っていないので、最初の'4'だけが上付きになっています。

状況で表示が異なる記号

一部の記号は、状況(具体的には、$...$で書くか\[...\]\で書くか)で付き方が異なります。

$\sum_a^b$

$\sum_a^b$

\[\sum_a^b\]

\[\sum_a^b\]

平方根

\sqrtコマンドを使います。平方根の中に平方根を入れることも出来ます。

$\sqrt{\sqrt a}$

$\sqrt{\sqrt a}$

分数

\fracコマンドを使うと、直後の1文字目が分子、2文字目が分母になります。複数の文字を分子・分母に使う場合は、{...}で囲みます。

$\frac123+\frac{123}{456}$

$\frac123+\frac{123}{456}$

大きな括弧

分数などの縦に大きな式を括弧で囲みたい場合、次のようにしても意図した結果は得られません。

$(\frac{1}{2})$

$(\frac{1}{2})$

縦に大きな式を括弧で囲みたい場合は、\leftコマンドと\rightコマンドを使います。

$\left(\frac{1}{2}\right)$

$\left(\frac{1}{2}\right)$

\leftの直後に使えるのは以下の例で挙げた記号・コマンドのみです。 {や}はTeXの数式環境の中では特別な意味持つので、\でエスケープするがあります。

\[ \left\lfloor\left\lceil\left\langle\left|\left(\left[\left\{
\frac12
\right\}\right]\right)\right|\right\rangle\right\rceil\right\rfloor \]

\[ \left\lfloor\left\lceil\left\langle\left|\left(\left[\left\{ \frac12 \right\}\right]\right)\right|\right\rangle\right\rceil\right\rfloor \]

また、\leftと\rightは必ず組にして使わなければなりません。 しかし、括弧自体は右だけ、あるいは左だけにしたい場合があります。このときには'.'を括弧記号の代わりに使うと、見えない括弧として扱われ、結果として右だけ、あるいは左だけの括弧が記述できます。

\[ \left(\frac12\right. \]

\[ \left(\frac12\right. \]

フォントの変更

太字

太字のフォントは、{...}の中で\bfコマンドを使うと、以降その括弧の終わりまで太字になります。{...}で囲まない場合は、数式の終わりまで太字になります。

\[ABC{\bf DEF}GHI\bf JKLM\]

\[ABC{\bf DEF}GHI\bf JKLM\]

以下の3つのフォントはそれぞれ個別のコマンドを使います。コマンドなので、直後の1文字または{...}で囲んだ範囲にのみ効果が及びます。

\[\mathbb{BlackBold} \mathbb BlackBold\]

\[\mathbb{BlackBold} \mathbb BlackBold\]

Blackboard Bold体

いわゆる黒板太字です。

\[\mathbb{ABCDEFG}\]

\[\mathbb{ABCDEFG}\]

スクリプト体

\[\mathscr{ABCDEFG}\]

\[\mathscr{ABCDEFG}\]

亀甲文字

フラクトゥール体とも呼びます。

\[\mathfrak{ABCDEFG}\]

\[\mathfrak{ABCDEFG}\]

行列と複数行の数式

行列を記述するには array 環境を使用します。

\[
\begin{array}{cc}
1 & 0 \\
0 & 1
\end{array}
\]

\[ \begin{array}{cc} 1 & 0 \\ 0 & 1 \end{array} \]

例のようにarray環境は、\begin{array}で始まり\end{array}で終わります。

\begin{array}の直後には、{cc}等のようにして行列の列数と配置方法を記述します。文字数が列数を表し、文字が配置方法を表します。

配置方法を表す文字には、c, l, rの3つが使えます。それぞれ、中寄せ、左寄せ、右寄せに対応します。

\[
\begin{array}{rcl}
123 & 456 & 789 \\
1 & 2 & 3
\end{array}
\]

\[ \begin{array}{rcl} 123 & 456 & 789 \\ 1 & 2 & 3 \end{array} \]

既にお分かりでしょうが、行列の列と列は&で区切ります。また、行と行は\\で区切ります。

見やすくするために、\\の直後で改行していますが、必ずしも改行する必要はありません。

$\begin{array}{cc}1&2\\3&4\end{array}$

$\begin{array}{cc}1&2\\3&4\end{array}$

実際には、これらと先述した\left,\rightコマンドを組み合わせることになります。

行列 $\left( \begin{array}{cc}1&2\\3&4\end{array} \right)$の絶対値は$\left| \begin{array}{cc}1&2\\3&4\end{array} \right|$と書く。

行列 $\left( \begin{array}{cc}1&2\\3&4\end{array} \right)$の絶対値は$ \left| \begin{array}{cc}1&2\\3&4\end{array} \right|$と書く。

複数行の数式を書く場合もarray環境を使用します。

\[
\left
\{\begin{array}{ccc}
f(x) & = & ax \\
g(x) & = & bx
\end{array}
\right.
\]

\[ \left \{\begin{array}{ccc} f(x) & = & ax \\ g(x) & = & bx \end{array} \right. \]

ギリシャ文字と記号など

全記号系命令の一覧は、こちらにあります。

ギリシャ文字(小文字)

\alpha$\alpha$\beta$\beta$\gamma$\gamma$\delta$\delta$\epsilon$\epsilon$\varepsilon$\varepsilon$
\zeta$\zeta$\eta$\eta$\theta$\theta$\vartheta$\vartheta$\iota$\iota$\kappa$\kappa$
\lambda$\lambda$\mu$\mu$\nu$\nu$\xi$\xi$\pi$\pi$\varpi$\varpi$
\rho$\rho$\varrho$\varrho$\sigma$\sigma$\varsigma$\varsigma$\tau$\tau$\upsilon$\upsilon$
\phi$\phi$\varphi$\varphi$\chi$\chi$\psi$\psi$\omega$\omega$

ギリシャ文字(大文字)

\Gamma$\Gamma$\Delta$\Delta$\Theta$\Theta$\Lambda$\Lambda$\Xi$\Xi$\Pi$\Pi$
\Sigma$\Sigma$\Upsilon$\Upsilon$\Phi$\Phi$\Psi$\Psi$\Omega$\Omega$

$\sum$などの、場合によって上下のつき方が異なる記号

\sum$\sum$\prod$\prod$\coprod$\coprod$\bigcap$\bigcap$\bigcup$\bigcup$\bigsqcup$\bigsqcup$
\bigvee$\bigvee$\bigwedge$\bigwedge$\bigodot$\bigodot$\bigotimes$\bigotimes$\bigoplus$\bigoplus$\biguplus$\biguplus$

記号

\aleph$\aleph$\imath$\imath$\jmath$\jmath$\ell$\ell$\wp$\wp$\Re$\Re$
\emptyset$\emptyset$\flat$\flat$\natural$\natural$\sharp$\sharp$\spadesuit$\spadesuit$\Diamond$\Diamond$
\triangle$\triangle$\clubsuit$\clubsuit$\diamondsuit$\diamondsuit$\heartsuit$\heartsuit$\Im$\Im$\mho$\mho$
\angle$\angle$\hbar$\hbar$\Box$\Box$\infty$\infty$

演算子(\を使ってエスケープする必要があるもの)

以下の記号はTeXソース内で特殊な意味で使われるので、その文字そのものとして出力したい場合は直前に\を付ける必要があります。

\%$\%$\ { $\{$\ } $\}$
\$$\$$\&$\&$

演算子

\backslash$\backslash$\dots$\dots$\ldots$\ldots$\cdots$\cdots$\surd$\surd$\partial$\partial$
\exists$\exists$\neg$\neg$\lhd$\lhd$\rhd$\rhd$\unlhd$\unlhd$\unrhd$\unrhd$
\neq$\neq$\cdot$\cdot$\amalg$\amalg$\circ$\circ$\asymp$\asymp$\preceq$\preceq$
\leadsto$\leadsto$\to$\to$\int$\int$\oint$\oint$\pm$\pm$\prime$\prime$
\nabla$\nabla$\top$\top$\bot$\bot$\forall$\forall$\vdash$\vdash$\dashv$\dashv$
\mp$\mp$\times$\times$\div$\div$\ast$\ast$\star$\star$\dagger$\dagger$
\ddagger$\ddagger$\cap$\cap$\cup$\cup$\uplus$\uplus$\sqcap$\sqcap$\sqcup$\sqcup$
\vee$\vee$\wedge$\wedge$\setminus$\setminus$\wr$\wr$\bullet$\bullet$\diamond$\diamond$
\oslash$\oslash$\odot$\odot$\bigcirc$\bigcirc$\bigtriangleup$\bigtriangleup$\bigtriangledown$\bigtriangledown$\triangleleft$\triangleleft$
\triangleright$\triangleright$\oplus$\oplus$\ominus$\ominus$\otimes$\otimes$\le$\le$\leq$\leq$
\ge$\ge$\geq$\geq$\sim$\sim$\ll$\ll$\gg$\gg$\doteq$\doteq$
\simeq$\simeq$\subset$\subset$\supset$\supset$\approx$\approx$\subseteq$\subseteq$\supseteq$\supseteq$
\cong$\cong$\smile$\smile$\sqsubset$\sqsubset$\sqsupset$\sqsupset$\equiv$\equiv$\frown$\frown$
\sqsubseteq$\sqsubseteq$\sqsupseteq$\sqsupseteq$\propto$\propto$\bowtie$\bowtie$\in$\in$\ni$\ni$
\prec$\prec$\succ$\succ$\succeq$\succeq$\models$\models$\perp$\perp$\parallel$\parallel$
\mid$\mid$

矢印

\rightarrow$\rightarrow$\leftarrow$\leftarrow$\uparrow$\uparrow$\downarrow$\downarrow$\longrightarrow$\longrightarrow$\longleftarrow$\longleftarrow$
\Rightarrow$\Rightarrow$\Leftarrow$\Leftarrow$\Uparrow$\Uparrow$\Downarrow$\Downarrow$\Longrightarrow$\Longrightarrow$\Longleftarrow$\Longleftarrow$
\leftrightarrow$\leftrightarrow$\longleftrightarrow$\longleftrightarrow$\Leftrightarrow$\Leftrightarrow$\Longleftrightarrow$\Longleftrightarrow$\updownarrow$\updownarrow$\Updownarrow$\Updownarrow$
\mapsto$\mapsto$\longmapsto$\longmapsto$\hookrightarrow$\hookrightarrow$\hookleftarrow$\hookleftarrow$\rightharpoonup$\rightharpoonup$\leftharpoonup$\leftharpoonup$
\rightharpoondown$\rightharpoondown$\leftharpoondown$\leftharpoondown$\rightleftharpoons$\rightleftharpoons$\nearrow$\nearrow$\searrow$\searrow$\swarrow$\swarrow$
\nwarrow$\nwarrow$

記号化した文字列

$\sin(x)$などは、

$sin (x)$

と書くと

$sin (x)$

となるので、

$\sin (x)$

と書きます。

\arccos$\arccos$\ker$\ker$\arcsin$\arcsin$\cos$\cos$\cosh$\cosh$\csc$\csc$
\min$\min$\deg$\deg$\exp$\exp$\sinh$\sinh$\gcd$\gcd$\lg$\lg$
\ln$\ln$\Pr$\Pr$\arctan$\arctan$\cot$\cot$\det$\det$\hom$\hom$
\log$\log$\sec$\sec$\tan$\tan$\arg$\arg$\coth$\coth$\dim$\dim$
\max$\max$\sin$\sin$\tanh$\tanh$

記号化した文字列($\sum$と同様に上下のつき方が変わるもの)

\sup$\sup$\lim$\lim$\inf$\inf$
\limsup$\limsup$\liminf$\liminf$

上下の装飾

\hat x$\hat x$\breve x$\breve x$\grave x$\grave x$\acute x$\acute x$\dot x$\dot x$\ddot x$\ddot x$
\tilde x$\tilde x$\bar x$\bar x$\vec x$\vec x$\check x$\check x$\widehat x$\widehat x$\overline x$\overline x$
\widetilde x$\widetilde x$\overbrace x$\overbrace x$\underbrace x$\underbrace x$\underline x$\underline x$

演算子などを上下に組み合わせる

stackrelコマンドを使うと、2つの記号を上下に重ねて新しい演算子にすることができます。

$a\stackrel\phi\to b$
$a\stackrel\phi\to b$
Last modified:2008/07/11 23:53:42
Keyword(s):
References:[mathml.rb] [hiki_x-math.rb]