Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  RSS  Source  Login

VMwareConfig

このページは

VMwareの設定ファイル *.vmx に関するメモです

CPU数

numvcpus = "1"

デフォルトでは省略可

ディスクドライブ

IDEドライブを追加すると、以下のようになる

ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "IDEtest.vmdk"

ここでこのドライブの設定を削除すると、

ide0:0.present = "FALSE"

となる。他の設定記述は残ったまま。

だからおそらく、*.present の真偽値で設定の有効・無効が決まるのだろう

CDドライブ

デフォルト状態では以下の通り

ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"

ドライブを自動認識ではなくドライブ名で指定すると、以下のようになる

ide1:0.fileName = "D:"
ide1:0.autodetect = "FALSE"

autodetectは省略可で、デフォルト値はおそらく TRUE

イメージファイルを使うと以下のようになる。

ide1:0.fileName = "Vine32-i386.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

フロッピー

デフォルトでは以下のようになっている

floppy0.fileName = "A:"

フロッピーを削除すると、次の行が追加される

floppy0.present = "FALSE"

ゲストOS

guestOS = "win98"
OS種別guestOSの値
Windows 98win98
Windows Mewinme
Windows 2000 Prowin2000pro
Windows XP Homewinxphome
Windows XP Prowinxppro
Red Hat Linuxredhat
SUSE Linuxsuse
Ubuntuubuntu
Other Linux 2.4.x kernelother24xlinux
Other Linux 2.6.x kernelother26xlinux
Other Linuxotherlinux

サウンド

デフォルトでは以下の設定が書かれる。

sound.present = "TRUE"
sound.virtualDev = "es1371"
sound.fileName = "-1"
sound.autodetect = "TRUE"

ホストマシンに刺しているサウンドカードを指定すると、以下のように

sound.fileName = "SB Audigy 2 ZS Audio [A000]"
sound.autodetect = "FALSE"

ネットワーク

デフォルト

ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "bridged"

NATに変えると次のようになる

ethernet0.connectionType = "nat"
Last modified:2008/07/11 23:53:42
Keyword(s):
References: