Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  RSS  Source  Login

postedat Diff - ひらくの工房

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! 概要
tDiaryに、その記事を最初に登録した「投稿日時」を表示する機能を追加します。

Blogkitとの併用を想定しています。

! ダウンロード
[[postedat-0.3.tar.gz|./data/files/postedat-0.3.tar.gz]]{{attach_anchor "postedat-0.3.tar.gz"}}

! インストール方法
tdiary/plugin または tdiary/misc/plugin 以下に、 postedat.rb(本体)とja/postedat.rb(言語リソース)をコピーしてください。

tdiary/misc/plugin にインストールした場合は、[プラグイン選択]で有効にする必要があります。

! 使用方法
インストールした状態で、自動的に動作します。

デフォルト状態では記事の末尾に、その記事を初めて登録した日時を表示します。

! 設定
設定画面で、以下の項目を設定できます。
!!表示位置
記事の先頭と末尾のどちらに投稿日時を表示するか指定します。
!!表示形式
投稿日時を表示する書式を指定します。指定する書式には、Rubyの[[Time#strftime|http://www.ruby-lang.org/ja/man/?cmd=view;name=Time#strftime]]メソッドで使うものを記述します。
!!クラス指定
投稿日時を表示する際の、HTMLタグに記述するクラス属性を指定します。
ここで独自のクラス名を指定し、CSS追加プラグインなどで対応するスタイルを定義することで、表示する際の書式(フォント・配置など)を設定できます。

デフォルトでは、Blogkitに添付されているBlogテーマで定義されているlmクラスを指定しています。

! 補足
投稿日時を記録するのは、以下の場合です(いずれも、Blogkitと併用している場合)。
*[追記]ボタンから編集画面に入り、日付を変更せずに[追記]ボタンで投稿する場合
*編集画面に入り(方法は問わない)、日付を記事が存在しない日に設定した上で[この日付の日記を編集]を押し、それから[追記]ボタンで投稿する場合
例えば、[追記]ボタンを押して編集画面に入った後、古い日付でまだ記事が存在しない日付に変更しても、[この日付の日記を編集]ボタンを押さずに[追記]してしまった場合は、その日の投稿日時は記録されません(記事自体は問題なく投稿されます)。

いくつかのケースを想定したテストを行いましたので、興味のある方は[[こちら|http://www.hinet.mydns.jp/~hiraku/tDiary/20050926.html#p01]]をご覧ください。