Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  RSS  Source  Login

x-math4tDiary

ダウンロードとインストールの解説はこちらで閲覧できます。

使用するブラウザには Mozilla Firefox を推奨します。 このブラウザと、数式用のフォントファイル(こちらからダウンロードできます)をインストールすれば、以下のリンクから数式を表示できます。

記述できる数式の書式にはLaTeXの数式モードの書式を採用しています。 詳しい情報はLaTeXの解説サイト・解説書等を参照してください。

プラグインの使い方

プラグイン自体の使い方を解説します。

文中に数式を書く

文中に数式を書く場合はmathメソッドを使います。

文中に数式{{math 'f(x)=x'}}を入れる例

また、付属のMathWikiスタイルを使用すれば、次のように記述できます。

文中に数式$f(x)$を入れる例

いずれも、次のように出力されます。

文中に数式$f(x)$を入れる例

数式だけの段落を作る

数式だけの段落を作る場合はdmathメソッドを使います。

数式{{dmath 'f(x)=x'}}だけの段落の例

また、付属のMathWikiスタイルを使用すれば、次のように記述できます。

数式\[f(x)=x\]だけの段落の例

いずれも、次のように出力されます。

数式\[f(x)=x\]だけの段落の例

数式の書き方

math, dmathメソッドに渡せる数式ソースの書き方を解説します。

以下の例では全て$...$記法及び\[...\]記法を使っています。他のスタイルをお使いの場合は適宜読み替えてください。

基本的にTeXの数式の書式と同じ書式になっています。

上付き・下付き

上付きや下付きを付けたい文字に続けて、上付きは'^'、下付きは'_'を書けば、その直後の文字が上付き・下付きになります。

複数の文字を付けたい場合は、{...}で囲みます。

\[A_{123}^456\]

\[A_{123}^456\]

この例では上付きの方で{...}を使っていないので、最初の'4'だけが上付きになっています。

math($...$)とdmath(\[...\])で異なる記号

一部の記号は、mathとdmathで付き方が異なります。

$\sum_a^b$

$\sum_a^b$

\[\sum_a^b\]

\[\sum_a^b\]

平方根

\sqrtコマンドを使います。平方根の中に平方根を入れることも出来ます。

$\sqrt{\sqrt a}$

$\sqrt{\sqrt a}$

分数

\fracコマンドを使うと、直後の1文字目が分子、2文字目が分母になります。複数の文字を分子・分母に使う場合は、{...}で囲みます。

$\frac123+\frac{123}{456}$

$\frac123+\frac{123}{456}$

大きな括弧

分数などの縦に大きな式を括弧で囲みたい場合、次のようにしても意図した結果は得られません。

$(\frac{1}{2})$

$(\frac{1}{2})$

縦に大きな式を括弧で囲みたい場合は、\leftコマンドと\rightコマンドを使います。

$\left(\frac{1}{2}\right)$

$\left(\frac{1}{2}\right)$

\leftの直後に使えるのは以下の例で挙げた記号・コマンドのみです。 {や}はTeXの数式環境の中では特別な意味持つので、\でエスケープするがあります。

\[ \left\lfloor\left\lceil\left\langle\left|\left(\left[\left\{
\frac12
\right\}\right]\right)\right|\right\rangle\right\rceil\right\rfloor \]

\[ \left\lfloor\left\lceil\left\langle\left|\left(\left[\left\{ \frac12 \right\}\right]\right)\right|\right\rangle\right\rceil\right\rfloor \]

また、\leftと\rightは必ず組にして使わなければなりません。 しかし、括弧自体は右だけ、あるいは左だけにしたい場合があります。このときには'.'を括弧記号の代わりに使うと、見えない括弧として扱われ、結果として右だけ、あるいは左だけの括弧が記述できます。

\[ \left(\frac12\right. \]

\[ \left(\frac12\right. \]

フォントの変更

太字のフォントは、{...}の中で\bfコマンドを使うと、以降その括弧の終わりまで太字になります。{...}で囲まない場合は、数式の終わりまで太字になります。

\[ABC{\bf DEF}GHI\bf JKLM\]

\[ABC{\bf DEF}GHI\bf JKLM\]

以下の3つのフォントはそれぞれ個別のコマンドを使います。コマンドなので、直後の1文字または{...}で囲んだ範囲にのみ効果が及びます。

\[\mathbb{BlackBold} \mathbb BlackBold\]

\[\mathbb{BlackBold} \mathbb BlackBold\]

Blackboard Bold体

いわゆる黒板太字です。

\[\mathbb{ABCDEFG}\]

\[\mathbb{ABCDEFG}\]

スクリプト体

\[\mathscr{ABCDEFG}\]

\[\mathscr{ABCDEFG}\]

亀甲文字

フラクトゥール体とも呼びます。

\[\mathfrak{ABCDEFG}\]

\[\mathfrak{ABCDEFG}\]

行列と複数行の数式

行列を記述するには array 環境を使用します。

\[
\begin{array}{cc}
1 & 0 \
0 & 1
\end{array}
\]

\[ \begin{array}{cc} 1 & 0 \\ 0 & 1 \end{array} \]

例のようにarray環境は、\begin{array}で始まり\end{array}で終わります。

\begin{array}の直後には、{cc}等のようにして行列の列数と配置方法を記述します。文字数が列数を表し、文字が配置方法を表します。

配置方法を表す文字には、c, l, rの3つが使えます。それぞれ、中寄せ、左寄せ、右寄せに対応します。

\[
\begin{array}{rcl}
123 & 456 & 789 \
1 & 2 & 3
\end{array}
\]

\[ \begin{array}{rcl} 123 & 456 & 789 \\ 1 & 2 & 3 \end{array} \]

既にお分かりでしょうが、行列の列と列は&で区切ります。また、行と行は\で区切ります。

見やすくするために、\の直後で改行していますが、必ずしも改行する必要はありません。

$\begin{array}{cc}1&2\3&4\end{array}$

$\begin{array}{cc}1&2\\3&4\end{array}$

実際には、これらと先述した\left,\rightコマンドを組み合わせることになります。

行列 $\left( \begin{array}{cc}1&2\3&4\end{array} \right)$の絶対値は$\left| \begin{array}{cc}1&2\3&4\end{array} \right|$と書く。

行列 $\left( \begin{array}{cc}1&2\\3&4\end{array} \right)$の絶対値は$\left| \begin{array}{cc}1&2\\3&4\end{array} \right|$と書く。

複数行の数式を書く場合もarray環境を使用します。

\[
\left
\{\begin{array}{ccc}
f(x) & = & ax \
g(x) & = & bx
\end{array}
\right.
\]

\[ \left \{\begin{array}{ccc} f(x) & = & ax \\ g(x) & = & bx \end{array} \right. \]

記号一覧

数式ソース内で使用できる記号及び特殊文字のコマンドです

ギリシャ文字(小文字)

$\alpha, \beta, \gamma, \delta, \epsilon, \varepsilon, \zeta, \eta, \theta, \vartheta, \iota, \kappa, \lambda, \mu, \nu, \xi, \pi, \varpi, \rho, \varrho, \sigma, \varsigma, \tau, \upsilon, \phi, \varphi, \chi, \psi, \omega$

$\alpha, \beta, \gamma, \delta, \epsilon, \varepsilon, \zeta, \eta, \theta, \vartheta, \iota, \kappa, \lambda, \mu, \nu, \xi, \pi, \varpi, \rho, \varrho, \sigma, \varsigma, \tau, \upsilon, \phi, \varphi, \chi, \psi, \omega$

ギリシャ文字(大文字)

$\Gamma, \Delta, \Theta, \Lambda, \Xi, \Pi, \Sigma, \Upsilon, \Phi, \Psi, \Omega$

$\Gamma, \Delta, \Theta, \Lambda, \Xi, \Pi, \Sigma, \Upsilon, \Phi, \Psi, \Omega$

mathとdmathで表示が変わる記号

$'\sum', '\prod', '\coprod', '\bigcap', '\bigcup', '\bigsqcup', '\bigvee', '\bigwedge', '\bigodot', '\bigotimes', '\bigoplus', '\biguplus'$

$'\sum', '\prod', '\coprod', '\bigcap', '\bigcup', '\bigsqcup', '\bigvee', '\bigwedge', '\bigodot', '\bigotimes', '\bigoplus', '\biguplus'$

通常の記号

$'\aleph', '\imath', '\jmath', '\ell', '\wp', '\Re', '\emptyset', '\flat', '\natural', '\sharp', '\spadesuit', '\Diamond', '\triangle', '\clubsuit', '\diamondsuit', '\heartsuit', '\Im', '\mho', '\angle', '\hbar', '\Box', '\infty'$

$'\aleph', '\imath', '\jmath', '\ell', '\wp', '\Re', '\emptyset', '\flat', '\natural', '\sharp', '\spadesuit', '\Diamond', '\triangle', '\clubsuit', '\diamondsuit', '\heartsuit', '\Im', '\mho', '\angle', '\hbar', '\Box', '\infty'$

演算子(\を使ってエスケープする必要があるもの)

以下の記号はTeXソース内で特殊な意味で使われるので、その文字そのものとして出力したい場合は直前に\を付ける必要があります。

$'\', '\%', '\{', '\}', '$', '\&'$

$'\\', '\%', '\{', '\}', '\$', '\&'$

演算子

$'\dots', '\ldots', '\cdots', '\surd', '\partial', '\exists', '\neg', '\lhd', '\rhd', '\unlhd', '\unrhd', '\neq', '\cdot', '\amalg', '\circ', '\asymp', '\preceq', '\leadsto', '\to'$

$'\dots', '\ldots', '\cdots', '\surd', '\partial', '\exists', '\neg', '\lhd', '\rhd', '\unlhd', '\unrhd', '\neq', '\cdot', '\amalg', '\circ', '\asymp', '\preceq', '\leadsto', '\to'$

$'\int', '\oint', '\pm', '\prime', '\nabla', '\top', '\bot', '\forall', '\vdash', '\dashv', '\mp', '\times', '\div', '\ast', '\star', '\dagger', '\ddagger', '\cap', '\cup', '\uplus', '\sqcap', '\sqcup', '\vee', '\wedge', '\setminus', '\wr', '\bullet', '\diamond', '\oslash', '\odot', '\bigcirc', '\bigtriangleup', '\bigtriangledown', '\triangleleft', '\triangleright', '\oplus', '\ominus', '\otimes', '\le', '\leq', '\ge', '\geq', '\sim', '\ll', '\gg', '\doteq', '\simeq', '\subset', '\supset', '\approx', '\subseteq', '\supseteq', '\cong', '\smile', '\sqsubset', '\sqsupset', '\equiv', '\frown', '\sqsubseteq', '\sqsupseteq', '\propto', '\bowtie', '\in', '\ni', '\prec', '\succ', '\succeq', '\models', '\perp', '\parallel', '\mid'$

$'\int', '\oint', '\pm', '\prime', '\nabla', '\top', '\bot', '\forall', '\vdash', '\dashv', '\mp', '\times', '\div', '\ast', '\star', '\dagger', '\ddagger', '\cap', '\cup', '\uplus', '\sqcap', '\sqcup', '\vee', '\wedge', '\setminus', '\wr', '\bullet', '\diamond', '\oslash', '\odot', '\bigcirc', '\bigtriangleup', '\bigtriangledown', '\triangleleft', '\triangleright', '\oplus', '\ominus', '\otimes', '\le', '\leq', '\ge', '\geq', '\sim', '\ll', '\gg', '\doteq', '\simeq', '\subset', '\supset', '\approx', '\subseteq', '\supseteq', '\cong', '\smile', '\sqsubset', '\sqsupset', '\equiv', '\frown', '\sqsubseteq', '\sqsupseteq', '\propto', '\bowtie', '\in', '\ni', '\prec', '\succ', '\succeq', '\models', '\perp', '\parallel', '\mid'$

矢印

$'\rightarrow', '\leftarrow', '\uparrow', '\downarrow', '\longrightarrow', '\longleftarrow', '\Rightarrow', '\Leftarrow', '\Uparrow', '\Downarrow', '\Longrightarrow', '\Longleftarrow', '\leftrightarrow', '\longleftrightarrow', '\Leftrightarrow', '\Longleftrightarrow', '\updownarrow', '\Updownarrow', '\mapsto', '\longmapsto', '\hookrightarrow', '\hookleftarrow', '\rightharpoonup', '\leftharpoonup', '\rightharpoondown', '\leftharpoondown', '\rightleftharpoons', '\nearrow', '\searrow', '\swarrow', '\nwarrow'$

$'\rightarrow', '\leftarrow', '\uparrow', '\downarrow', '\longrightarrow', '\longleftarrow', '\Rightarrow', '\Leftarrow', '\Uparrow', '\Downarrow', '\Longrightarrow', '\Longleftarrow', '\leftrightarrow', '\longleftrightarrow', '\Leftrightarrow', '\Longleftrightarrow', '\updownarrow', '\Updownarrow', '\mapsto', '\longmapsto', '\hookrightarrow', '\hookleftarrow', '\rightharpoonup', '\leftharpoonup', '\rightharpoondown', '\leftharpoondown', '\rightleftharpoons', '\nearrow', '\searrow', '\swarrow', '\nwarrow'$

記号化した文字列

sin関数などの文字列は、コマンドを使わなければ変数用の斜体フォントで表示されます。

\[sin(x),\sin(x)\]

\[sin(x),\sin(x)\]

$'\arccos', '\ker', '\arcsin', '\cos', '\cosh', '\csc', '\min', '\deg', '\exp', '\sinh', '\gcd', '\lg', '\ln', '\Pr', '\arctan', '\cot', '\det', '\hom', '\log', '\sec', '\tan', '\arg', '\coth', '\dim', '\max', '\sin', '\tanh'$

$'\arccos', '\ker', '\arcsin', '\cos', '\cosh', '\csc', '\min', '\deg', '\exp', '\sinh', '\gcd', '\lg', '\ln', '\Pr', '\arctan', '\cot', '\det', '\hom', '\log', '\sec', '\tan', '\arg', '\coth', '\dim', '\max', '\sin', '\tanh'$

記号化した文字列(mathとdmathで表示形式が変わるもの)

$'\sup', '\lim', '\inf', '\limsup', '\liminf'$

$'\sup', '\lim', '\inf', '\limsup', '\liminf'$

$\sup_a^b$

\[\sup_a^b\]

$\sup_a^b$ \[\sup_a^b\]

上下の装飾

$'\hat x', '\breve x', '\grave x', '\acute x', '\dot x', '\ddot x', '\tilde x', '\bar x', '\vec x', '\check x', '\widehat x', '\overline x', '\widetilde x', '\overbrace x', '\underbrace x', '\underline x'$

$'\hat x', '\breve x', '\grave x', '\acute x', '\dot x', '\ddot x', '\tilde x', '\bar x', '\vec x', '\check x', '\widehat x', '\overline x', '\widetilde x', '\overbrace x', '\underbrace x', '\underline x'$

上下の組み合わせ

stackrelコマンドを使うと、2つの記号を上下に重ねて新しい演算子にすることができます。

$a\stackrel\phi\to b$

Last modified:2008/07/11 23:53:42
Keyword(s):
References:[x-tdiary]