忘れたときに備えた記録

トップ «前の日記(2005-03-13(Sunday)) 最新 次の日記(2005-03-17(Thursday))» 編集
2005|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|10|12|
2010|06|07|08|12|
2011|07|09|
2012|09|11|
2013|02|03|09|
2015|10|11|
2016|01|08|11|
2017|02|08|10|
2018|11|

2005-03-16(Wednesday) Apache+SSL

SSL証明書

ファイル設定はあちこちで公開されててすぐになんとかなったけど、証明書関係のコマンドを手入力じゃなくある程度自動で出来ないかと思って色々調べてみた。

で、出てきたのがこのコマンド

Tags: メモ
/usr/sbin/make-ssl-cert

/usr/share/ssl-cert/ssleay.cnfをホームディレクトリに適当な名前(今回はhinet.cnf)でコピーして、中に書いてある各項目をこんな感じに設定して

#
# SSLeay example configuration file.
#

RANDFILE = $ENV::HOME/.rnd
[ req ] default_bits = 1024 default_keyfile = privkey.pem distinguished_name = req_distinguished_name prompt = no
[ req_distinguished_name ] countryName = JP stateOrProvinceName = Hokkaido localityName = Sapporo organizationName = HINET organizationalUnitName = Personal commonName = chaos.hinet.mydns.jp emailAddress = ほにゃらら(アットマーク)うんたらかんたら

で、

$ sudo /usr/sbin/make-ssl-cert hinet.cnf hinet.keys

これで、必要な秘密鍵・証明書ファイルの出来上がり。便利。

[]