忘れたときに備えた記録

トップ 最新 追記
2005|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|10|12|
2010|06|07|08|12|
2011|07|09|
2012|09|11|
2013|02|03|09|
2015|10|11|
2016|01|08|11|
2017|02|08|10|
2018|11|

2006-10-27(Friday)

宣伝 Railsで作ったもの

MathMLライブラリを放ったらかしにして1ヶ月以上もRailsで何をしていたかというと、

というものを作っていました。

セミナー案内のAbstractなんかで、例によって数式が使えます(今はまだ数式の入ったabstractはないですが)。

RailsからMathMLライブラリを使う上で名前が math_ml.rbの方が都合が良いとか、tDiaryやHikiのMathWikiスタイルでやっている「既存の書式を、$...$記法などが使えるように拡張する」という処理を一般化する方法など、いくつかアイデアがまとまったので、今月中にでも成果をライブラリに反映しようかと考えています。

あとは、Wikiの方で要望が来ていたnewcommandでoptionを使えるようにするとか、細かいバグ修正をすませたら、今度こそ本当にバージョン1.0にしてしまいます。要望とかありましたら、今のうちにぜひ!


2006-10-31(Tuesday)

LaTeX のnewenvironment

newcommandやnewenviromentで、

\newcommand{hoge}[1][opt]{#1}

に関して調べていたら、驚愕の事実が判明。

\newenvironment{myenv}[1]{s:#1}{e:#1}

こうやって、環境の終了部分でパラメータを使うのは、LaTeXではエラーになる。ガーーーン

ま、いっか。マクロ定義の部分まではLaTeXのエラーは再現しない方向で行こう。

Tags: メモ