忘れたときに備えた記録

トップ 最新 追記
2005|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|10|12|
2010|06|07|08|12|
2011|07|09|
2012|09|11|
2013|02|03|09|
2015|10|11|
2016|01|08|11|
2017|02|08|10|
2018|11|

2009-01-03(Saturday)

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

書き初め : 2ch型掲示板のAtomフィードジェネレータ

年も明けたし、何か1日くらいで出来る新しいプログラムを作ろうかと思いまして。

実は内輪向けのサーバに2ch型の掲示板を設置しているのですが、新しい投稿の有無を調べるのに掲示板にアクセスする以外に方法がなくて、これが結構不便でした。

そこで、同じホストに設置された2ch型掲示板のDATファイルからAtomフィードを生成するスクリプトを作ってみました。こちらからダウンロードできます。


2009-01-26(Monday)

Subversionの意味

ちょっと調べ物をしていて、"subversion"という英単語(SCMではなく)があることを知りました。で、意味を調べてびっくり。こんな意味だそうです。知らなかった・・


2009-01-29(Thursday)

プロバイダのスパムフィルタのせいで、メールが届かなかった

# 僕にメールを下さってまだ返事をもらっていないという方は、ぜひお読み下さい

参加しているruby-devというMLで、肝心なメールが手元に届いていなかったことが分かって、原因を調べてみました。

僕が使っているのはASAHIネットなのですが、ここがいつからか「おまかせスパムブロック」なるものを始めていて、件のメールは(多分本文中のURLが多かったせいで)スパム扱いされていたと分かりました。

スパム扱いされたメールは専用のフォルダに隔離されるのですが、これはASAHIネットのページからしか閲覧できず、最近どういうメールがスパム扱いされたかとかも通知されません(これはひどい)

メールのスパム対策にはbsfilterを使っているので、ASAHIネットのフィルタは解除してしまいました。

で、ここからが本題なのですが、僕のアドレス "hiraku あっと sapporo.email.ne.jp" に何かメールを下さって、返事が2日以内になかった場合は、このスパムフィルタのせいで僕に届かなかった可能性があります。もし心当たりのある方がいらしたら、改めてご連絡くださいm(_ _)m


2009-01-31(Saturday)

Mercurialで、リポジトリ間のdiffをとる方法あれこれ

今までは、Mercurialのdiffは同じリポジトリ間でしか使えないと思っていて、originalブランチと俺々ブランチを1つのリポジトリに作って

$ hg diff -r original:oreore

とかしていました。

で、さっきこんなページを見つけたのです。

曰く「大抵はin/outコマンドで-pオプションを付ければなんとかなる」とのことで、ちょっと試してみました。

hiraku@hirakuro:~/tmp$ hg init o                   Originalリポジトリを作って
hiraku@hirakuro:~/tmp$ ls -al / > o/list           適当にlistファイルを作って
hiraku@hirakuro:~/tmp$ hg -R o add                 追加して
adding o/list
hiraku@hirakuro:~/tmp$ hg -R o ci -m init          チェックイン
hiraku@hirakuro:~/tmp$ hg clone o c                Cloneリポジトリを作って
updating working directory
1 files updated, 0 files merged, 0 files removed, 0 files unresolved
hiraku@hirakuro:~/tmp$ echo "Addition" >> c/list   適当に編集して
hiraku@hirakuro:~/tmp$ hg -R c ci -m edit          チェックイン
hiraku@hirakuro:~/tmp$ hg -R c out -p              -pオプションを付けてoutを実行
comparing with /home/hiraku/tmp/o
searching for changes
changeset:   1:6bddbfd023f8
tag:         tip
user:        KURODA Hiraku <hiraku@hinet.mydns.jp>
date:        Sat Jan 31 18:16:24 2009 +0900
summary:     edit

diff -r 5d2882eb8b1d -r 6bddbfd023f8 list
--- a/list	Sat Jan 31 18:15:56 2009 +0900
+++ b/list	Sat Jan 31 18:16:24 2009 +0900
@@ -25,3 +25,4 @@
 drwxr-xr-x  12 root root  4096 2008-12-04 19:02 usr
 drwxr-xr-x  16 root root  4096 2008-12-04 19:14 var
 lrwxrwxrwx   1 root root    30 2009-01-29 14:55 vmlinuz -> boot/vmlinuz-2.6.27-11-generic
+Addition

いい感じです。

ところで最近、こんな本が出たこと知ったんですが

入門Mercurial Linux/Windows対応(藤原 克則)

買ってみようかな・・

Tags: Mercurial

RubyがSEGVした

上の記事を書いて投稿したら、InternalServerErrorとか言われたのです。

で、Apacheのログを見たら

[Sat Jan 31 18:21:00 2009] [error] [client 133.50.96.29] (tdiary/lang/ja.rb):30: , referer: https://www.hinet.mydns.jp/tdiary/update.rb
[Sat Jan 31 18:21:00 2009] [error] [client 133.50.96.29] [BUG] , referer: https://www.hinet.mydns.jp/tdiary/update.rb
[Sat Jan 31 18:21:00 2009] [error] [client 133.50.96.29] Segmentation fault, referer: https://www.hinet.mydns.jp/tdiary/update.rb
[Sat Jan 31 18:21:00 2009] [error] [client 133.50.96.29] , referer: https://www.hinet.mydns.jp/tdiary/update.rb
[Sat Jan 31 18:21:00 2009] [error] [client 133.50.96.29] ruby 1.8.7 (2008-08-11 patchlevel 72) [i486-linux], referer: https://www.hinet.mydns.jp/tdiary/update.rb
[Sat Jan 31 18:21:00 2009] [error] [client 133.50.96.29] , referer: https://www.hinet.mydns.jp/tdiary/update.rb
[Sat Jan 31 18:21:00 2009] [error] [client 133.50.96.29] Premature end of script headers: update.rb, referer: https://www.hinet.mydns.jp/tdiary/update.rb

SEGVを起こしていました・・・

使っているRubyはこれです

$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2008-08-11 patchlevel 72) [i486-linux]

どこかで見た話題だなと思ったら、でした。と思ったら、パッチレベルがちょっと違う???

あと、エラーは出てても、投稿処理自体は完了してるんですよね。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ ひらく [もしかして、Amazonなページはツッコミでもエラーに?と思ってテストです]

_ ひらく [エラーにはなりませんでした]