忘れたときに備えた記録

トップ 最新 追記
2005|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|10|12|
2010|06|07|08|12|
2011|07|09|
2012|09|11|
2013|02|03|09|
2015|10|11|
2016|01|08|11|
2017|02|08|10|
2018|11|

2010-12-12(Sunday)

MathMLライブラリ 0.10を公開しました

  • \alpha 等の記号をUTF-8や(数値)文字参照で出力できるようになりました
  • テストがRSpec-2に対応しました

近いうちにと言っておいてとうとう2年経ってしまいました。ひえぇぇぇ

次のいずれかの方法で、記号をUTF-8または文字参照で出力します。

1.デフォルトの出力を変更する UTF-8なら

 require 'math_ml/symbol/utf8'
 puts MathML::LaTeX::Parser.new.parse('\\alpha')

=>
<math display='inline' xmlns='http://www.w3.org/1998/Math/MathML'><mi>α</mi></math>

文字参照なら

 require 'math_ml/symbol/character_reference'
 puts MathML::LaTeX::Parser.new.parse('\\alpha')

=>
<math display='inline' xmlns='http://www.w3.org/1998/Math/MathML'><mi>&#x3b1;</mi></math>

2. Parserクラスのインスタンスを作るときにオプションで指定する

 require 'math_ml'
 require 'math_ml/symbol/utf8'                 # UTF-8のテーブルの読み込みにこのrequireが必要
 require 'math_ml/symbol/character_reference'  # 文字参照のテーブルの読み込みにこのrequireが必要

 puts MathML::LaTeX::Parser.new(:symbol=>:utf8).parse('\alpha')
 puts MathML::LaTeX::Parser.new(:symbol=>:character).parse('\alpha')

ダウンロードはこちらからどうぞ

Tags: 更新