忘れたときに備えた記録

トップ 最新 追記
2005|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|10|12|
2010|06|07|08|12|
2011|07|09|
2012|09|11|
2013|02|03|09|
2015|10|11|
2016|01|08|11|
2017|02|08|10|
2018|11|

2017-08-04(Friday)

Visual Studio Code用のUnityDebugger

突然ですが、うまいこと設定すると、UnityのデバッグにVisual Studio Code(以下code.exe)を使えるじゃないですか。Visual Studioよりも起動が速かったり、gitの操作をcode.exeからできたりして、お気に入りなんです。

ところが時々、"Unexpected number in JSON"とか言ってデバッガーが止まっちゃうのです。DateTime型の変数をマウスホバーして表示しようとした時とか。

こんな感じで。

DateTimeにホバーするとエラーで落ちるの図

仕事で使っててちょっとあずましくなかったので、原因を一瞬調べたんですが、結構根が深い感じで、結局報告だけしておいたのです。

でも、ど~にも気になったんで、今日(もう昨日か)帰ってきてから、ちょっと本腰入れて調べてみたのですよ。 すったもんだの挙句、できあがって提出したプルリクが こちら です。 jsでちょろっと直せるっしょ、とか思ってたらUbuntuでMonoのコードをビルドする環境が必要だったりして、いやはや大変でした。

実は1回、間違って修正できていないコミットを送ってしまったのですが、今度は大丈夫なはず…。

手元でビルドしたものをこちらに用意したので、code.exeでUnityの開発をしている方がいたら、試してみてください。

http://www.hiraku.ro/files/unity-debug-1.2.1-fix45.vsix

僕の環境ではこんな感じで、ちゃんとDateTimeをホバーして表示できています。

DateTimeにホバーしても落ちないの図

さ~これでお仕事も捗るぜ!! …えっ、Unityのお仕事はあと1日で終わり!?

どっとはらいヽ(´−`)丿